108bones Technical Notes
108bonesが日々勉強している技術系のメモ。 初心者に優しいサイトを目指します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッジトランスポートサーバの追加
エッジトランスポートサーバの追加を検証しました。ヘルプは以下の通り。

■エッジ トランスポート サーバーの複製構成関連
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa998622.aspx
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa996008.aspx

■エッジトランスポートサブスクリプションに関して
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa997590.aspx
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb123538.aspx

■トランスポートルールに関して
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bab70bf2-3ad2-4721-a7e5-fd999ef49378.aspx

では早速やったことをまとめます。

-構成ファイルの複製-
1. 2台目のサーバにエッジトランスポートの役割をインストールします。

2. 1台目のサーバ上で管理シェルを起動して、 Script フォルダに移動します。
cd C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\Scripts

3. 構成ファイルをエクスポートします。
ExportEdgeConfig.ps1 -CloneConfigData:"C:\CloneConfigData.xml"

4. エクスポートしたファイルを 2台目のサーバの C 直下にコピーします。

5. 管理シェルを起動して、Script フォルダに移動します。
cd C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\Scripts

6. 以下のコマンドで応答ファイルを作成します。
ImportEdgeConfig.ps1 -CloneConfigData:"C:\CloneConfigData.xml" -IsImport $false -CloneConfigAnswer:"C:\CloneConfigAnswer.xml"

7. 作成された応答ファイルを Notepad 等で開いて、必要に応じで編集します。
  ※私の場合はサーバ名の変更だけでした。

8. 以下のコマンドで構成ファイルをインポートします。
ImportEdgeConfig.ps1 -CloneConfigData:"C:\CloneConfigData.xml" -IsImport $true -CloneConfigAnswer:"C:\CloneConfigAnswer.xml"

確認が出るので必要に応じて Y を押していきます。以上で構成ファイルのインポート完了。

-サブスクリプション購読-
1. 2台目のサーバ上で管理シェルを開きます。

2. 以下のコマンドでエッジトランスポートサブスクリプションを作成します。
New-EdgeSubscription -filename "C:\EdgeSubscriptionInfo.xml"

3. 作成されたファイルを、トランスポートサーバの役割がインストールされているサーバの
  C ドライブ直下にコピーします。

4. トランスポートサーバ上で管理シェルを起動して、以下のコマンドを実行します。
New-EdgeSubscription -Filename "C:\EdgeSubscriptionInfo.xml" -Site:"Default-First-Site-Name"
※サイト名は環境に合わせて変更してください。

以上でエッジトランスポートサブスクリプションの購読完了。

-トランスポートルールの複製-
1. 1台目のサーバ上で管理シェルを開きます。

2. 以下のコマンドを実行して、トランスポートルールをエクスポートします。
Export-TransportRuleCollection -FileName "C:\TransportRules.xml"

3. 作成されたファイルを 2台目のサーバの C ドライブ直下にコピーします。

4. 2台目のサーバ上で管理シェルを開きます。

5. 以下のコマンドを実行して、トランスポートルールをインポートします。
Import-TransportRuleCollection -FileName "C:\TransportRules.xml"

以上でトランスポートルールの複製完了

- DSN の登録 -
1. DNS サーバで 2台目のサーバのホストを登録します。

2. 環境に合わせて MX レコードを追加します。優先度に注意してください。

- その他 -
すぐに EdgeSync を実行したい場合はトランスポートサーバ上で以下のコマンドを実行します。
Start-EdgeSynchronization

以上ですべての作業完了です。これから動作検証しますが、なにか抜けてるかも。。。
トランスポートルールの複製がヘルプになく、忘れがちかなと思いました。ただハブトランス
ポートサーバと異なり、毎回手動で複製が必要なので、重要なポイントだと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://108bones.blog71.fc2.com/tb.php/129-cc57e791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。