108bones Technical Notes
108bonesが日々勉強している技術系のメモ。 初心者に優しいサイトを目指します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ActiveSync Windows Mobile との同期
Active Sync での同期の検証を行いました。

■ TechNet Webcast: 24 Hours of Exchange Server 2007 (Part 18 of 24): Mobility
http://msevents.microsoft.com/cui/WebCastEventDetails.aspx?culture=en-US&EventID=1032323564&CountryCode=US
■ Windows Mobile 6.0 SDK
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=06111a3a-a651-4745-88ef-3d48091a390b&displaylang=en

ヘルプにも情報があると思うんですが、とりあえず上記の情報をもとに検証したので、その
結果をまとめておきます。尚、今回利用した OS は Windows Server 2003 です。VISTA の
場合は Activesync ではなくモバイルセンターで Windows Mobile との同期を行えます

- 事前準備 -
1. Windows Mobile 6.0 SDK と ActiveSync 4.5 をインストールします。

2. Emulater を起動して 「File」 → 「Configure」 より 「Network」 タブをクリックします。
  「Enable NE2000 PCMCIIA network adapter and bind to;」 にチェックを入れて
  「Connected network card」 を選択し 「OK」 をクリックします。
ActiveSync_01.gif

3. Windows Mobile 上で 「スタート」 → 「設定」 をクリックします。
ActiveSync_02.gif

4. 「接続」 をクリックして 「ネットワークカード」 をダブルクリックします。
ActiveSync_03.gif

5. 設定は環境によって異なりますので割愛しますが、Exchange Server に対して
  通信が可能な設定を行ってください。また名前解決ができるようにしてください。

- ActiveSync Mailbox Policy の作成 -
1. Exchange 管理コンソールの 「組織の構成」 - 「クライアントアクセス」 で右クリックし、
  「Exchange ActiveSync メールボックス ポリシーの新規作成」 をクリックします。
ActiveSync_07.gif

2. 必要に応じて設定をして 「新規作成」 をクリックします。作成が完了したら
  「終了」 をクリックしてください。
ActiveSync_08.gif

3. 管理シェルで以下のコマンドを実行して、全てのメールボックスに作成したポリシーを
  適応します。 (実際は必要なメールボックスにだけ設定します)
Get-CASMailbox | Set-CASMailbox -ActiveSyncMailboxPolicy:"Default ActiveSync Mailbox Policy"
  ※ポリシーはメールボックスに対して 1 つしか設定できません。

4. 「管理ツール」 より 「インターネットインフォメーション サービス マネージャ」 を起動します。

5. 「Microsoft-Server-ActiveSync」 を右クリックして 「プロパティ」 をクリックします。
ActiveSync_13.gif

6. 「ディレクトリ セキュリティ」 タブをクリックして 「セキュリティで保護された
  通信」 の 「編集」 をクリックします。
ActiveSync_14.gif

7. 「セキュリティで保護されたチャネル(SSL)を要求する」 のチェックが
  外れていることを確認します。
ActiveSync_15.gif

- Windows Mobile ActiveSync の設定 -
1. Windows Mobile 上で 「スタート」 → 「プログラム」 をクリックします。
ActiveSync_09.gif

2. ActiveSync をダブルクリックします。
ActiveSync_10.gif

3. 「Exchange Server と同期するようにデバイスを設定できます。」 をクリックします。
ActiveSync_11.gif

5. サーバ アドレスを入力して、 「このサーバーは暗号化(SSL)接続が必要」
  のチェックを外します。警告を「OK」で閉じで 「次へ」 をクリックします。
※サーバ名は名前解決できるものにしてください。
ActiveSync_12.gif

6. 必要な情報を入力して 「次へ」 をクリックします。
ActiveSync_16.gif

7. 「完了」 をクリックします。
ActiveSync_17.gif

8. 元の画面に戻ると同期が始まります。初めての同期の際に、ポリシー適用が確認されます。
  「OK」 をクリックしてください。
ActiveSync_18.gif

9. パスワード入力を必須にした場合はパスワードの設定を行います。ポリシーを満たすように
  パスワードを設定してください。

以上で設定は完了です。予定やメールなどを作成して、同期確認をしてください。

Webcast のデモを見た限り SSL 通信を無効にして設定をしていたので、今回もそれに
合わせて検証してみましたが、次回は SSL 通信での検証をしたいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://108bones.blog71.fc2.com/tb.php/132-4498578a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。